その他
十月の悲雨(立ち読み版)
30P
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
その他

十月の悲雨(立ち読み版)

30P
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
 更新
詳細
主人公・卓也は育ててくれた伯父に呼ばれて、仕事帰りに佐久間家を訪ねた。そこで伯父の死体に遭遇し、第一発見者として殺害容疑がかかる。だがアリバイ成立で直ぐに解放される。佐久間家は娘が二人おり、姉の佐枝は反対された結婚をして家を出た後、夫・富永の心離れで現在は不仲の状態。その姉が、伯父と前後して殺害され、容疑が卓也に掛かる。遺体付近や卓也の車から、殺害を裏付ける証拠品が数点発見されたからだ。しかし、証拠品の中に不合理なものがあるうえに、殺害動機がなく、卓也は再び解放される。

会社社長だった伯父には、仕事絡みの容疑者がいた。殺害される直前に会っていた名誉職の競争相手の中本だ。更に恨みを買った相手として、過去に倒産した同業者の豊島がいた。しかし、佐枝の夫・富永が離婚話の縺れで言い争いの現場を目撃されたことにより、富永が容疑者にあげられる。

伯父は死ぬ前日、直前に見た車の事故のことを卓也に漏らしていた。だが、事故の届け出はなかった。卓也は伯父の言ったことが気になり、事故現場付近を調べる。

伯父の会社の専務が情報を仕入れ、中本の身辺に疑いが判明する。中本のアリバイは女が絡んで二転・三転。そして容疑者の一人だった富永が車に火を付けて焼死。車から伯父の殺害に使用した鈍器(大理石の置き時計)が発見され、富永犯人説が強まる。伯父殺害が佐枝に知られ、佐枝をも殺害したという見解だった。一方中本は、最終的にはアリバイが成立。捜査本部は富永犯人説に傾き、被疑者死亡で幕を引くことに決定。だが卓也の推理は違った。富永が炎上死した車は、盗難届けが出ていた。卓也は、車の所有者である今井に、伯父が話していた事故の加害者の疑いを持った。所轄の協力で車の事故は証明され、真犯人は意外にも今井の親友だったことに辿り着く。

★全編の書籍はBookWayで販売中★
http://bit.ly/29yj1DN
この会社のブック
パーソナル
パーソナル
あすに乾杯(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
HONEY CHIL'(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
HONEY CHIL' ハニー チャイル(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
多文化児童の未来をひらく ―国内外の母語教育支援の現場から(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
パーソナル
パーソナル
この世に生きて ―静枝ものがたり―(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
お茶馬鹿の「ためになるお話」(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
家つくりの習慣を変えた瞬間 日本は一つになる(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
花山に仙人を求めて 願望物質化のメカニズム(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
企業(人・もの・金・情報)とは? What is a company(Human・Things・Money・Information)?(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
パーソナル
パーソナル
森田博のファンタジー小説集「幸作と幸子と閻魔大王」(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]