ビジネス
百姓一揆の風景 伊方騒動(文政十三年)(立ち読み版)
28P
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス

百姓一揆の風景 伊方騒動(文政十三年)(立ち読み版)

28P
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
 更新
詳細
伊予宇和島藩は、積年の財政難に苦しんできたが、文化文政年間に藩はそれを打開するために種々の無理な政策を推進した。

この時期、半農半魚の伊方村を統ていたのは寛文年間から150年にわたって世襲庄屋として強勢を誇っていた大庄屋であった。庄屋は、藩の政策に忠実で信頼も厚かったが、村人たちには私用で駕籠を担がせるなど強圧をもって臨むことが多かった。

文政13年、藩が百姓たちから政治献金を募る形の御無尽銀を預かっていたのを庄屋経費として流用していたことが、村の 予算に立ち会う年行事役が、念仏講の席で暴露したことが口火となって庄屋罷免への動きが広がっていった。百姓たちは影では清盛庄屋などと言って揶揄しながらも抑えられてきた長年の不満が吹き出す形になって、一気に庄屋罷免の機運が高まっていった。この騒動の中心となったのは、頭取あった市右衛門、森蔵、佐吉、金十郎らであった。彼らは、当時、役5500人の村民のうち約800人を引きつれて、隣の大洲藩に庄屋の罷免を宇和島藩に掛け合ってもらうよう願い出て、一週間にわたり肱川河原に滞在した。結果として、庄屋は罷免され、頭取たちは一人が斬罪、他は流罪となった。

本書は、若い衆宿や、念仏講、お祭り、鰮漁等、当時の百姓たちの生活の様子や頭取たちのキャラクターや心情に迫ってみた。併せて、藩政における庄屋と百姓たちとの関係についての考察を深めることを目指した。

★全編の書籍はBookWayで販売中★
http://bit.ly/2FeeEwl
この会社のブック
ビジネス
ビジネス
情報史研究 第9号(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
高齢者の転倒予防 足趾把持力に関する研究(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
心不全 その理解へと続く道 総論編(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
東南アジアの教育モデル構築 -南南教育協力の適用-(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
よくわかる経済数学入門講義〈下〉動学分析編(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
スポーツツーリズム概論(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
気づきと感謝で苦を楽に変える道を学ぶ 還暦からの旅立ち-日本語教師として(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
沖縄最大のタブー琉神「尚円」(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
パーソナル
パーソナル
これが私の患者力 ~慢性疼痛症11年~(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]
ビジネス
ビジネス
日本のオンライン旅行市場調査 第4版(立ち読み版)
ブックウェイ[小野高速印刷株式会社]